透明封筒で住所を表示┃雨に強い全面透明タイプの封筒がある

印刷

ダイレクトメールに最適

封筒

中身が見える封筒

透明封筒とは、封筒を透明な素材にして封入した中身が見える封筒のことをさします。中身が透明なので、封入する紙の外から見える場所に相手の住所を書けばいいわけですから、わざわざ封筒に書く必要がなくなります。銀行の通知や個人情報が書かれているものなどは、全て透明の封筒は使われずに、住所が書かれているところだけ部分的に透明になっている封筒が使われています。全面的に中身が見えるタイプのものは、開封する時に誤って封入された書類を切ってしまうということもなくなるので、広告などのダイレクトメールに利用されることが多いです。封筒はポリプロピレンというプラスティック性のもので出来ているものがほとんどなので、雨に濡れても安心です。また、最近では個人が行うオークションで、発送のときに商品を封入するために使われたりもしています。

OPPとCPPの2タイプ

透明封筒を売っている業者は数多くあります。それぞれ料金も違いますが、透明封筒の質も変わってきます。透明封筒でまず気になるのが、その透明度と厚さです。透明度の低いものは中身が美しく見えません。厚みは薄すぎるのも郵便物としては向いていませんので、適度に厚みがある透明封筒を選びます。また、透明封筒には大きく分けて2つのタイプがあります。OPPと呼ばれるものとCPPと呼ばれるものです。どちらもポリプロピレンで作られていますが、フィルム状にする際の製造の仕方が違っています。それにより特徴も変化し、OPPは表と裏の接合部分が引き裂きやすく、CPPは引っ張っても破れないようになっています。OPPの方が取り出しやすく、CPPの方が頑丈だと言えます。相手に送る書類のタイプで、どちらを選ぶか決めるのもいいでしょう。

パンフレットを制作

パンフレット

パンフレット印刷を行なっている、様々なネット印刷会社にはそれぞれ特徴があります。また、折パンフレットにも多くの種類があり、どのようなパンフレットを作りたいかによってネット印刷会社を適切に選ぶことが重要になってきます。

詳しく読む

綺麗に完成します

ハガキ

年賀状は年に一回の挨拶状であるため、家族の写真を入れる人も多くいます。印刷は専門業者に委託した方が手間もかからず、仕上がりもきれいなためおすすめです。依頼する場合には、ぎりぎりにならない様に早めに行うことが大切です。

詳しく読む

オンデマンド機の利点とは

名刺

名刺の印刷となると枚数はそれほど大量には必要ないものです。そこで便利に使えるのが、ネット通販型の印刷サービスです。わずか1枚からの注文も可能となるのは、高品質となるオンデマンド機を利用しているからです。

詳しく読む